x

整備日記や、独り言などを不定期更新でお送りいたします。


2011 Year

2012 Year
2013 Year
2014 Year
2015 Year
2016 Year

 2017 Year 

2018 Year

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



2018/ 5/25

Ferrari F360 インテリアルーフ  

 もう何台目だろうか。360モデナの天張り張替え。

■ フェラーリの接着剤や天張りのレザーが悪いのではなく、レザーとルーフパネルの間にスポンジ材があります。

■ このスポンジ状のクッション材がダメダメなんです。ま、経年劣化って言われればそれまでですが、、。

■ 走行中に突然天井の内装が落ちてくるわけですから、そりゃビックリしますよ。

■ おまけにスポンジ材がボロボロになり降りかかってきます。

■ 純正部品に拘らなければ当社ではアルカンターラの生地を使い張替えを行っています。当然クッション材も日本製です。



2018/ 5/15

 964Carrera2 インペラ交換

 1992Year 964C/2Tip。 始動時にエンジンからシャンシャンシャンと異音が発生します。

■ 異音の発生源はすぐに判明。エンジン中央部、空冷エンジンの象徴でもあるファン(インペラ)周辺からでした。

■ ほとんどの原因はインペラ中央部のベアリング(ホイールハブベアリング)です。

■ 車体からオルタネーターを外し、インペラーも外します。ホイールハブを点検しましたがガタはありません。

■ インペラを良くチェックしてみると無数のクラックが、、。今にも砕けそうな状態でした。

■ 経年劣化で脆くなってるんですね。危ないところでした。PJに在庫がありましたので新品交換いたしました。



2018/ 5/10

Ferrari F430 アライメント調整

■ フェラーリF430のタイヤ交換とアライメント調整を行いました。

■ 車高調整も行いますのでコーナーウエイトを測定し調整します。

■ 表示は調整前で無人での数値です。調整ではドライバーの体重、ガソリンの残量などが影響しますので、オーナーとの事前打ち合わせが重要となります。



2018/ 5/06

964Carreraオイルタンクからオイル漏れ

 1991Year911Carrera2の車検整備です。

■ リヤ右タイヤ付近よりオイル漏れを発見しましたので修理いたします。

■ オイルフィルターからオイルサーモブロックまでのホースと、オイルタンクホース全交換です。

■ この作業は結構厄介でオイルタンクを外さなくてはなりません。

■ オイルフィルターからオイルサーモブロックまでのホースはジョイント部は再利用し、ホース部分だけをカットしてステンレスメッシュホースへ変更します。純正部品のおよそ半額で耐久性も抜群ですのでお勧めです。

■ オイルサーモブロックのホースは純正品で4本交換します。前期、後期でホースの形状が異なります。