x

整備日記や、独り言などを不定期更新でお送りいたします。


2011 Year

2012 Year
2013 Year
2014 Year
2015 Year
2016 Year

 2017 Year 

2018 Year

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月



2018/ 4/27

 964Carrera2 Tip 中古車情報

 1992Year 964C/2Tip ガーズレッドの後期型が入庫しました。

■ D車、89,000Km、車検はH31-8月まで。エアコンは修理済みで良く冷えます。

■ 内外装オリジナル状態を保っていてコンディションは抜群です。

■ サンルーフ、リヤワイパー無しの希少車両でリヤブレーキキャリパーは4Potです。

■ GWも休まず営業してますので、興味のある方は是非ショールームでご覧ください。



2018/ 4/16

911Carrera ウインカーレバー

 1989Year911Carreraの車検整備です。

■ 以前から調子が悪かったウインカーレバー。このパーツは930系トラブルパーツベスト10入りしている部品です。

■ 症状は前後に動くヘッドライト切り替えが出来なくなったり、勝手にハイビームになったり、振動でパッシングしたり、ショートして煙が出たりなど。原因はスイッチ部分の接点です。

■ そこで当社ではウインカーレバーを交換する際に接点焼き付き防止の対策として、ヘッドライト切り替えリレーキットを取り付けしています。

■ 実は20年以上前から販売しているのですが、紹介するのは初めてだと思います。

■ DIYでも取り付けできるように930専用設計となり、簡単に15分程度で装着できます。

■ 接続配線は4本でバッテリーのプラスとマイナス。ヒューズボックスから2本繋ぐだけです。

■ ホームページのパーツ販売には記載されてませんが、通信販売も致しますのでお問合せください。

■ 「930用ヘッドライト切り替えリレーキット」 販売価格 \6,500(税抜き)



2018/ 4/12

 964クラッチトラブル

 走行不能で保険のロードサービスで入庫してきた964Carrera。

■ クラッチを踏み込むとクラッチから異音がして全く前に進まないとの事。

■ クラッチ系のトラブルで間違いないが、ツインマスフライホイールがブッ飛んだなって思ってました。

■ 速攻でエンジン&ミッションを降ろしクラッチをバラしたら、、、。クラッチディスクが片面剥げてました。

■ 原因はフライホイールではありませんでしたが、重いツインマスフライホイールからシングルのRS用クラッチキットへ変更し納車致しました。



2018/ 4/10

Cayenne-S ABSチェックランプ点灯

■ カイエンS(9PA)の不調で新規のお客様が来店されました。

■ ABSチェックランプが点灯し、走り出すとタイヤ付近からガタガタゴトゴトって振動が出るとの事。

■ 原因は直ぐに「スピードセンサーだな」って判ってましたけど、まずはシステムチェック。

■ ポルシェ専用PIWIS診断機は立ち上がりに時間が掛かるのでAUTELMaxiSysで診断しました。

■ これ位の故障であればMaxiSysで十分対応できます。



2018/ 4/08

 Ferrari F430 車検整備

 F430の車検整備です。

■ F360以前の車両は車検時にタイミングベルト交換などがありますが、F430以降はタイミングチェーン。

■ ある程度はメンテナンスフリーになりましたが、それでも定期的に交換すパーツは多数あります。

■ 今回はドライブベルトとチェンショナー、ベルトプーリー一式を交換しました。



2018/ 4/06

 Lamborghini Murcielago

 ランボルギーニ ムルシエラゴの車検整備です。

■ 特に不都合個所は無く、絶好調のムルシですが細部にわたり念入りにチェック致します。

■ エンジンオイル、オイルフィルターは比較的簡単に交換できますね。オイル交換容量は、13.5Lです。
ギヤボックスはフロント1.0Lのリヤ3.5Lで75W90のギヤオイルを使用します。

■ TEXA診断機でエンジン、ミッションのエラーチェックとクラッチ残量などチェックします。

■ 最近導入した診断機、AUTELMaxiSysでも診断してみたが、やはりフェラーリとランボはTEXAがいい。



2018/ 4/02

 911Turbo エアコン コンバージョン

 1991Year 911Turboのエアコン修理です。 パーツ交換後はR12ガスからR134aガスへコンバージョンします。

■ フューエルタンクを外し、奥にある空調ユニットをASSYで取り外します。ボックスを分解しエパポレーターを交換します。

■ 全てのジョイント部のOリングをR134a用のOリングへ変更し、コンプレッサーはオイル交換して完了です。